« 6/13 ワディア861を鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | 6/16 4343いいですね(^^♪ »

2009年6月15日 (月)

6/15 4343Bを鳴らしてみました(^^♪

A090615_1_2 A090615_2

 

中古品でJBLの4343BSFが入って来たのでサッソク鳴らしています(*^_^*)

A090615_3 A090613_57

 

A090613_58 A090613_55

 

A090613_59

 

ラインアップは前回と同じ・・・・

 

ワディアのワディア861、

ゴールドムンドのミメイシス21D、

ジェフのコンチェルトプリ、

ラックスマンのM-600A

JBL 4343BSFです。

 

noteいきなりいい感じで鳴ってますね~note

低域にしっかりとした厚みと弾力があり、全体的に押し出しと広がりがありキツさがなく、硬くないのにキレがあり、やさしさもあります。

ダイヤトーンだとマジメできちんとした音っていう感じですが、JBLだとラフで面白い音楽という感じの鳴らし方になります。

ワディア861がしっかりした音をひろってくれて、ジェフとラックスマンが厚みを出してくれますので、厚みのあるしっかりした音で鳴っていますね。

 

そして、ミメイシス21Dを通すと、さらにしっとり感と滑らかさが加わり、低域の量感はやや減って、細身になりますが、張りのある女性ボーカルやアリア、弦楽器主体のクラシックはにいいですね~(*^_^*)

反対に、Jazz、Rock、男性ボーカル、大編成のオーケストラの迫力と押しはワディア861の方がガッチリした硬質感があり、渋さも出ていいですね~note

 

JBL 4343Bって言うと、荒っぽい硬い音のスピーカーと思っている方も多いと思いますが、

アッテネーターの調整で優しい音も出せるのですね。

A090615_4

基本的に柔らかで優しい音が出せないと、JazzやRockは面白く鳴らせませんね。

その辺の調整が自分で簡単に出来るところがJBLのこのシリーズのスピーカーの面白いところです。

 

 

 

 

 

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

こちらの記事のお問合せはこちら

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

|

« 6/13 ワディア861を鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | 6/16 4343いいですね(^^♪ »