« 8/23VTLのST-150にしてみました(^^♪ | トップページ | 8/28エアータイトATM-300でステラメロディです(^^♪ »

2009年8月25日 (火)

8/25JBL 4338+MINI-2+ユニコCDPでまったりJazz(^^♪

A090825_51  A090821_11

 

今日は、38cmのユニットのタンノイのインパルスを持っていて、古めのJazzやRockを聴くというお客様の希望で、お勧めの真空管アンプとCDプレーヤーを鳴らしました。

 

A090825_52  A090825_54

 

A090825_55  A090825_56

 

A090825_57  Photo

 

Photo_2  Photo_3

 

Photo_4

 

今日のラインアップは・・・・

noteCDプレーヤー:Unison Research UNICO CDP

noteプリメインアンプ:AUDIOSPACE MINI-2

noteスピーカー:4338

です(^^♪

 

まあ、JBLとタンノイではずいぶん出し方は違うのですが、太い音が出せるという点では似ているところもあるんですね。

JBLは音を前に出し、小さなライブハウスでかぶりつきの前の席の感じを出すし、タンノイは広がりを出してホールにいる感じを出してくれますが、中低域を太く出してくれるところは意外に似ていますね(*^_^*)

 

でも、38cmウーハーでは、下手に低い周波数がいっぱいはいると、そーとーアンプが強力でないとドロドロした低域になってしまいます。

それに古いJazzやRockの高音も低音も、今のレベルではほとんど中域ですから、そこを太く出せるのは管球アンプですね。

しかも、今風なキレイな細身の音でなくしっかりした音の管球アンプで、いい意味でユルさがあるのは、オーディオスペースのMINI-2です。

・・・値段もお得ですし(*^_^*)

そして、その辺りの音楽はやはりレコードが1番ですが、管球バッファーのユニコCDPはなかなかいい感じに出してくれます。

 

noteジャニス・ジョプリンの『パール』の1曲目、『ムーブ・オーバー』の始まりの迫力と太さはかなりいい感じですscissorsimpact

ドラムスの厚みと弾力感があり、ボーカルに太さと荒さがあり、ピアノも重く沈んでいい感じです。

ギターソロも弦が太いですねぇ(^_-)-☆

エネルギー感があり全体的に塊感で押してくるところがうれしいです(^^♪

 

noteレッド・ガーランドの『グルービー』のイントロの太いベースソロにしびれますね(^_-)-☆

ついついノッて、足でカウントを取ってしまいますscissors

ピアノのちょっと鈍い音で素朴な感じがまたいいですね(^^♪

 

noteMJQの『ヨーロピアン・コンサート』・・・ディスク2の『SKATING IN CENTRAL PARK』はなんともいえず甘く優しい音で泣かせますshine

『THE CYLINDER』のイントロのシンバルの連打は・・・昔っぽい分厚い音です(^_-)-☆

 

noteそして、コルトレーンの『バラッド』・・・・甘く厚みがあって、美味しい感じですshine

ゆーったり、楽しく聴けますね~(^_-)-☆

 

 

 

 

こちらの記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

|

« 8/23VTLのST-150にしてみました(^^♪ | トップページ | 8/28エアータイトATM-300でステラメロディです(^^♪ »