« 8/28エアータイトATM-300でステラメロディです(^^♪ | トップページ | 9/3 今度はエアータイトATM-300でエラックFS249HBです(^^♪ »

2009年8月29日 (土)

8/29 JBL 4318をユニゾン・リサーチで楽しく鳴らそう(^^♪

A090829_1  A090829_2

 

今日は、音楽を音ではなく、雰囲気で楽しく鳴らそうということで、JBL 4318をユニゾン・リサーチのユニコのセットで鳴らしてみました(^_-)-☆

 

A090829_3  A090829_4

 

A090825_54  Photo

 

Photo_2  Photo_3

 

Photo_4

 

 

・・・ということで、今日のラインアップは・・・・

CDプレーヤー:unison research UNICO CDP

アンプ:unison research UNICO Primo

スピーカー:JBL 4318

です。

 

今日は、スピーカーを探しているのだけど、雑誌を読んだり、ショップで聴かせてもらっても、一長一短で、訳が分からなくなっているという若いお客様がご来店されて・・・

話をいろいろ聴いてみると、ジャズ系の新旧の音楽をいろいろと、クラシックを聴くということだったのですが・・・

音のキレイなスピーカーにすると、新しいジャズとクラシックはいいのだけれど、古いジャズが面白くないし、音のキレイなスピーカーはいろいろあって迷っているということ・・・

それに古いジャズも楽しく聴けないものかということなのでした。

・・・・それって、オーディオでは意外に難しいことなのですが、聴く方の立場としたら実に普通なことなんですよね。

でも、音のキレイさや解像度や情報量で聴いてしまうと、かなり難しい話なんですね。

 

・・・でも、キレイで解像度の高い音ではなく、音楽として聴くということなら、実は簡単なんです。

雰囲気を上手く出してくれるシステムなら、新旧のジャズもなかなか楽しく鳴らせるのですね。

 

 

・・・ということでこんな試聴になったのですね(^_-)-☆

 

で、この組み合わせだと、新旧ジャズの演奏の楽しさがぐっと出てきます

基本的にはゆったり優しい音ですが、新しい解像度の高い録音のジャズも、録音状態のあまりよくない古い録音のジャズも、音のキレイさではなく、躍動感や楽器のクローズアップが上手い、JBLやユニゾンリサーチの出してくれる演奏の楽しさの雰囲気で聴けば、どちらも楽しめるんですね。

4318は、音が初めから優しくて、キレイな弦の音も出せるので、クラシックも問題ありません。

音のキレイさで探していくと、予算を上げれば上げるほどキレイになって・・・・大変なことになりますが、雰囲気で聴かせてくれるシステムなら、この辺でいいんじゃないということが出来ると思いますね(^_-)-☆

 

実際、演奏のノリや表情が感じられて楽しい鳴り方なんですね

音のキレイさにこだわらないというのは、慣れていないと意外に難しいのですが、こんな感じのセットはお勧めですね(^_-)-☆

 

 

 

 

こちらの記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

 

|

« 8/28エアータイトATM-300でステラメロディです(^^♪ | トップページ | 9/3 今度はエアータイトATM-300でエラックFS249HBです(^^♪ »