« 9/18JBL S4600をラックスマンD-08とエアータイトATM-300で(^^♪ | トップページ | 9/20ヤマハの1000モニでフォーク・ソング100(^_-)-☆ »

2009年9月19日 (土)

9/19ラックスマンのD-08とL-509uでJBLのS4600です(^^♪

A090919_3  A090919_5

 

今日は、お客様のご希望で、ラックスマンのL-509uを用意して、D-08とで組んでJBLのS4600を鳴らしてみました(^^♪

 

A090914_21 A090914_22

 

A090919_1  A090919_2

 

A090918_3  A090919_4

 

・・・・ということで、ラインアップはそのまんま・・・・

noteCDプレーヤー:Luxman D-08

noteプリメインアンプ:Luxman L-509u

noteスピーカー:JBL S4600

です(*^_^*)

 

 

L-509uは、L-5920AIIやM-600Aと違って、スッキリとしていてとてもキレイな鳴らし方ですね。

クッキリした音の出し方ですが、緩やかさもあるのでキリキリした音ではないですし、プレーヤーのD-08が厚みがありますから、スッキリとしていて優しいという感じになります。

低域はちゃんと出ているのですが、上品で抑制が効いている感じで膨らまないので、やや押さえた感じになります。

全体としては押し出しよりあまり前に来ないで、広がりを出す感じになりますね。

音の粒立ちは細かく端正な感じですね。

 

・・・で、次に、これに管球パワーアンプをパワーとしていれるとどんな感じになるのかという実験をしてみました(*^_^*)

noteCDプレーヤー:Luxman D-08

noteプリアンプとして:Luxman L-509u

noteパワーアンプ:AIRTIGHT ATM-300

noteスピーカー:JBL S4600

です(*^_^*)

 

おおおお、ずいぶん雰囲気が変わりますね~(@_@;)(*^_^*)

 

・・・・真空管アンプならではの鳴り方がプラスされて・・・とても聴きやすいゆったりした感じになります。

音の粒立ちに丸みと艶っぽさがのるので、かえって透明感を感じる音になります。

ふくらみ感も出るので、抑え気味だった低音も弾んでくる感じになります。

ふわっとした感じが入り、音の広がり感が前に出てきて、それでいて優しさが増しているので、気持ちのいい感じになります。

解像度の高いスッキリとした感じは残っているので、ヴォーカルも演奏もきちんと聴こえます。

ヴォーカルのとろんとした甘さも出て、これはかなりいい感じですね~shineshineshine

エアータイトは元々ラックスマン出身の技術者さんが作っているから、基本的な音作りの傾向は似ているので、この組み合わせはなかなかしっくりした感じですね(^_-)-☆

 

 

 

こちらの記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

 

|

« 9/18JBL S4600をラックスマンD-08とエアータイトATM-300で(^^♪ | トップページ | 9/20ヤマハの1000モニでフォーク・ソング100(^_-)-☆ »