« お客さんのところでもやってみました(^^♪ | トップページ | ウエストレイク、いい感じで鳴っています(^^♪ »

2010年5月22日 (土)

ウエストレイクを鳴らそう(^^♪

A100522_1

  

  

・・・・今日はウエストレイクのLc3W10Fを鳴らしています(*^_^*)

コレ、なかなか鳴らないスピーカーなんですよね(@@;)sweat01

 

 

A100522_2   A100522_3

  

  

A100522_4   A100522_5

  

  

A100522_6   A100522_7

  

  

・・・・実は、以前から、いろいろやっているのですが・・・

まず、ラックスマンのD-38uとSQ-38uの組み合わせ・・・

この組み合わせは、やさしさもあり綺麗な音で、一つ一つの音もクリアでなかなかいいんですね(*^_^*)

・・・ただ、個人的な感想として、やや細身で真面目な感じで、高域の伸びはありますが、なんとなくウエストレイクっぽくないんですね。

でもかなり綺麗に普通に鳴ります(^_-)-☆

 

お次に、ラックスマンのD-06とトライオードのTRV-845SE・・・

ぐっと情報量が増えて、帯域も広くなって、ゆったり感が出て・・・なかなかいい感じに綺麗です(*^_^*)V

・・・でも、カチカチした感じではないですが、やっぱり真面目な感じで、素直になっています。

なんていうか、ヴォーカルの芯がほぐれなくて、緊張感がある感じですね。

  

そして、今度は、マッキンのMA6300とユニゾンのユニコCDに・・・

おおお、全体的にほぐれて、やさしく落ち着いて、凄くゆったりします(*^_^*)

楽に聴ける感じで、情報量的には減るというか、でもヴォーカルや中域中心の面白さのある鳴らし方ですね(^_-)-☆

・・・・でも、これもまだ、ウエストレイクっぽくない感じなんですね。

 

で・・・・次は・・・

ユニコCDと、トライゴンのスノーホワイトと、EARの890に・・・

・・・・・来ました(^_-)-☆

中域がグググッと張り出して来て、音の躍動感が出て、いい感じのラフさというか、余裕感が出ました(*^_^*)V

うーん、ヴォーカルの伸びがとても気持ち良いです(*^_^*)

 

そして、このセットに、ゴールドムンドのミメイシス21D/USBを追加すると・・・

やったー・・・・でました・・・音がスピーカーの外にバーンと広がりました(*^_^*)

中域の伸びはそのままで、音が艶っぽく綺麗になって、でも細くなく・・・

大らかなのに浸透力のある音です(^_-)-☆

 

そして、これでバッチリ聴けたのが・・・

Elicarms

 

エリック・クラプトン & フレンズ (ジミー・ペイジ、スティーヴ・ウィンウッド、ジェフ・ベック・・・)の

『THE A.R.M.S. BENEFIT CONCERT』です(*^_^*)V

 

1983年に、ロニー・レーンの難病を支援する為に、クラプトンが呼びかけて、大物ミュージシャンが集まって、ロイヤル・アルバート・ホールで行われたスーパー・コンサートですね(*^_^*)V

その後のスーパー・コンサートの走りだったものですね(^_-)-☆

 

これ、昔、音源をFMからカセット・テープにエアチェックしたものを何度も聴いて大好きなコンサートなんですが・・・

 

CDをこの前、発見して買ったのですが、どうも昔のイメージの音のバランスではなかったのです。

FMエアチェックで、カセット・テープで、昔のシステム・コンポのどろろんとした音で聴いていたわけですが・・・

中域が充実していて、柔らかく、ジェフ・ベックのギターの伸びが、クリアで透き通ってて、演奏のバランスも良かったのに・・・・

他のシステムで聴くと、音が薄く、粗く、楽器のアンサンブルが悪くという、悲しいバランスに聴こえるんですねcrying

 

昔のオーディオの方が音のバランスが良かった・・・・のですねcrying

 

でも、この最後のセットでやっと出ました(^_-)-☆

記憶のままのバランスで、さらに音がクリアで、伸びと広がりがあり、中域がグググっと押してきて、ギター・プレイがカッコいいですhappy02heart01

 

ジェフ・ベックのユニットの、最初の曲、スター・サークルが、めちゃめちゃカッコいいですね(^_-)-☆

 

ただ、このCDの残念なところは・・・

昔のFMの音源には、オールスター・バンドでやった『ピープル・ゲット・レディ』が入っていて、これがめちゃめちゃ良かったのです。

でも、その後、ジェフ・ベックとロッド・スチュアートのコンビで『ピープル・ゲット・レディ』をリリースしたので、削られているのですねcrying

 

ロッドの歌より、このコンサートで歌ったスティーヴ・ウィンウッドの方がエモーションがあり、サイモン・フィリップスのドラムスが凄く、ジェフのプレイも、冴えていて、ライブらしい雰囲気があって、クラプトンやジミー・ペイジも混ざっていて、めちゃめちゃカッコいいプレイだったと記憶しています。

 

・・・な~んて、昔のことを思い出させてくれる程、このセットは良い感じのバランスですね(^o^)/

 

 

そして、このセットに、i Podと、Wadia 170 i Transportを入れても、音は甘くなりますが、それがまた良い感じなんですね。

それに、プレイリストのランダムで、楽しくずっとそのままかけてられるのは、とても楽ですね(^。^)bleah

 

・・・ということで、今回の最終セットは・・・

noteCDプレーヤー:unison research UNICO CD

noteトランスポート:Apple i Pod + Wadia 170 i Transport

noteD/Aコンバーター:GOLDMUND MIMESIS21D/USB

noteプリアンプ:TRIGON SNOW WHITE

noteパワーアンプ:EAR EAR890

noteスピーカー:Westlake Lc3W10F

です。

  

  

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

|

« お客さんのところでもやってみました(^^♪ | トップページ | ウエストレイク、いい感じで鳴っています(^^♪ »