« エラック CL-310i JET良く鳴ってます(^^♪ | トップページ | お次は、またミニマ ヴィンテージをBLX-300でです(^^♪ »

2010年6月12日 (土)

今度はベルエアーのBLX-300でCL-310i JETです(^^♪

A100612_1_2

  

  

今日は、昨日に引き続き、エラックのCL-310i JETにベルエアーのBLX-300をつないで鳴らしてます(^^♪

これが・・・良い感じなんですね~(*^_^*)V

    

   

A100611_5   A100611_4

  

  

A100612_2   A100612_3

  

  

A100611_9   A100611_8

  

  

A100611_10

  

  

・・・ということで今日のラインアップは昨日の引き続きで・・・

noteソース:LINN MAJIK DS

noteD/Aコンバーター:GOLDMUND MIMESIS21D/USB

noteプリアンプ:TRIODE TRV-4SE

noteパワーアンプ:BELL AIR BLX-300

noteスピーカー:ELAC CL-310i JET

です(^^♪

 

 

BLX-300は、昔ながらの音作りのようで、部品も良いものを使っているからか、かなり厚みと柔らかさのある太い音になりますね。

昨日のTRV-845SEは、現代的な作りでパワーも抑えてあるので、帯域的に広く、ゆったりしていますがクリアさのある音で、それと比べるとBLX-300はすいぶん音に厚みとふくらみ感が出てまろやかな感じが出ます。

・・・まあ、BLX-300は、定価でいうとTRV-845SEよりかなり高額になるので、そのぶん良い部品が使えますからね(*^_^*)

オリジナルのWEの球ではないのが、かえって太身なゆったり感を出しているかもしれませんね。

 

でも、その音は、プリのTRV-4SEもかんでいるわけで、このプリは値段のわりになかなかいいですね(^_-)-☆

音の綺麗さでは上位機のTRV-4SE Limitedが欲しくなるところですが、ゆったりした厚み感と適度な緩さはこちらの方があるかもしれませんね(*^_^*)/

 

それにしても、昨日の組み合わせの土岐からCL-310i JETは、とてもこのサイズとは思えないしっかりした低域を出してくれて、横置きセッティングの効果で、音がかなり深い奥行きを持って出てくるので、どのスピーカーがなっているのか分らないくらいです。

それがさらに太さと厚みと適度な緩さを持って来たので、かなり良い感じになって来てますね(*^_^*)heart01

 

A100522_3

 

これで、トランスポートをユニゾンリサーチのユニコCDにしてミメイシス21D/USBに入れてあげると、グンと中域に盛り上がった楽しい鳴り方になるのです(^^♪

音の見通しや、解像度はハードディスク読み出しのMJIK DSの方が明らかに上ですが、ミメイシス21D/USBは、トランスポートの違いを見事に描きわけながら、しかも高級感のあるゴールドムンドの音にしてくれるので、高品位でありながら弾み感が膨らみ感のある生っぽい音楽にしてくれますheart01

そしてそういう音楽としての鳴らし方になると、オールディーズや古いボーカル曲が、今の音楽のように聴けて、さらに、当時の音楽作りのゴージャスさが分り、当時のプレーヤーやボーカリストの上手さが良く分って、とても良い感じで聴けますねlovely

 

こーやって聴くと、ポップスもロックも、ヘビメタでさえ、音の構築は、まるでミニチュアのクラシックのように良く考えられて構成されているのが分ります。

編成が少ないながら、音色や効果や、緩急のつけ方、配置の仕方の素晴らしさが聴こえてきて、とても面白いのですね(^_-)-☆

 

 

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

|

« エラック CL-310i JET良く鳴ってます(^^♪ | トップページ | お次は、またミニマ ヴィンテージをBLX-300でです(^^♪ »