« 今日はジンガリを鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | スペンドールのA6を鳴らしています(^^♪ »

2010年7月25日 (日)

ジェフのシナジーと、ヴィエナアコースティックスのベートーベン・コンサート・グランデ、鳴って来ました(^^♪

A100724_1

  

・・・ジェフのシナジー2は、通電開始から音がまとまるまでかなり時間のかかるプリアンプです。

入ってきて、つないで鳴らし始めてからどんどん音が変化していますね( ̄∇ ̄;)sweat01sweat01sweat01

 

 

A100724_2   A100724_3

  

  

A100724_4   A100724_5

  

  

A100724_6   A100724_7

  

  

・・・・ということで今日のラインアップは・・・

noteソース:LINN MAJIK DS

noteD/Aコンバーター:GOLDMUND MIMESIS21D/USB

noteプリアンプ:Jeff Rowland SYNERGY2

noteパワーアンプ:TRIODE TRV-845SE

noteスピーカー:VIENNA ACOUSTICS BEETHOVEN CONCERT GRAND (VB-3CG)

です(^^♪

 

 

・・・しかし・・・ジェフは、一度電源を抜いて時間が経つと、復帰するのにかなーり時間がかかりますね~・・・(゜_゜i)タラー・・・

鳴らし始めの日はぼわーんと膨らんで、上品な優しさはあるのですが、ピシっとしないんですね~( ̄∇ ̄;)sweat01sweat01sweat01

それが、日が経つにつれて音がまとまってくるんですね。

だんだん柔らかさと厚み感を保ったまま、余分なにじみというか膨らみ感が減ってピシっとしてきました。

そして、はじめは安っぽい細い電源ケーブルをつけていたのですが、ある日それを高解像度タイプにしたら・・・いっきにぶっ飛びな音になりました。

そして、それからも毎日少しづつ音が良くなっていくんですねΣ( ̄□ ̄!!!sweat01sweat01sweat01

さて、それでは今の組み合わせの音は・・・

ジェフなんで、音はものすごく広がりがあるという感じではなく、厚みと太さと柔らかさがあって、自然な広がりの中に音がこちらに浸透するように迫ってきますheart01

迫ってくると言っても押し付けがましいわけではなく、あくまで自然に流れてくる感じですhappy01

 

DSはHDDからしっかり情報を拾って出してくれて、D/Aコンバーターのミメイシス21D/USBが広がりを出してくれていて、音楽の楽しいところを盛り上げてくれますが、ジェフも厚みを柔らかさを持って音楽の楽しさを描写してくれる感じで、ごちゃ混ぜな組み合わせなようでいてかなり楽しい音なんですね。

パワーとして使っているTRV-845SEは、ゆったりしていて大人しい音なんで、上流からの音をそのまま、よりゆったりと流してくれますし、丸みのある音をゆったりと出すベートーベン・コンサート・グランデも、音離れが良く、広がりを出しつつ、けっこう高域はシャキっとしていて、低域もドロドロという感じではなく、ロックやジャズ、クラシックとどんな音楽もゆったり鳴らしてくれます。

もちろん、シャープな音楽はシャープに、強さのある音楽は強さを持ってしっかり鳴らしてくれて、でも基調には柔らかさがあるという感じです。

音楽に入っている奥行き感や、各楽器の位置、各プレーヤー同士の音楽の中での相互のプレイ感がより深く出ていて、曲の構成や作りの楽しさも聴けますし、プレーヤー同士のお互いに絡み合うインタープレイも聴けますhappy01

ベースやドラムスの低域も、肉厚感と弾み感があって、それを基調に広がるヴォーカルや各楽器の演奏も、とても楽しく聴けて、音楽をより深く楽しめますね。

音が綺麗に入っているソフトはもちろん、ロックのライブなども、音は悪くても、演奏のフィーリングが良く、観客の歓声も含めた臨場感はばっちり出ていて、とても楽しめますねrock

  

  

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

  

|

« 今日はジンガリを鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | スペンドールのA6を鳴らしています(^^♪ »