« ゆるゆるセッティングでNS-1000Mをラク~に鳴らしています(^^♪ | トップページ | 今日はイタリアの明るくて楽しい音です(^^♪ »

2010年9月 9日 (木)

今日は日本のキレイな音です(^^♪

A100909_1

  

今日はビクターのXL-Z999で、ヤマハのNS-1000Mという日本サウンドです(*^_^*)

これがなかなかキレイな音で良いですね~

  

 

A100909_2   A100909_3

  

  

A100909_4

  

  

・・・ということで、今日のラインアップは・・・

CDプレーヤー:Victor XL-Z999

プリアンプ:TRIODE TRV-4SE

パワーアンプ:TRIODE TRV-845SE

スピーカー:YAMAHA NS-1000M

です(*^_^*)

 

 

・・・今回の組み合わせはで、アンプのトライオードは、生産は中国ですが、設計は日本ですから、トータルで日本のサウンドと言ってもおかしくないですね。

ビクターのXL-Z999は、K2プロセッシングとトップローディングメカで、しっかり作りこまれた筐体で、解像度が高いながら細身で硬質というタイトな音ではなく、滑らかで艶っぽさと潤いと優しさのある音で今でも十分現役として通用しますね。

トライオードの845SEは、レンジが広く、落ち着いてゆったりした音で、ややすっきり気味ではありますが、それにTRV-4SEが柔らかさと膨らみ感を載せてくれてます。

・・・ということで、今回もまたNS-1000Mが、まったりと優しい、そして艶っぽくてキレイな音を聴かせてくれます。

分解能や解像度的には、XL-Z999はもちろん、NS-1000Mもまったく不満は感じませんね。

アンプの力が弱いと、NS-1000Mは、低域の出ない神経質な鳴り方になりますが、TRV-845SEは20W+20Wですが、管球アンプで実際の力がありますから、十分な低域を出せますし、スピーカーの良さを出して鳴らしてくれるので、YAMAHAの繊細な中高域が柔らかさを持って出てくるので、とても落ち着いた感じで良いです。

一つ一つの音が誇張感なくキレイに分解されて、スピーカーの間に漂う、良い感じの日本のサウンドですね。

 

  

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex   

|

« ゆるゆるセッティングでNS-1000Mをラク~に鳴らしています(^^♪ | トップページ | 今日はイタリアの明るくて楽しい音です(^^♪ »