« TechDAS D-7 【2F 新品 Wolfson社24/192 DAC搭載 USB DAC / ヘッドフォン/プリアンプ機能つき】 | トップページ | ミメイシス21D/USB・・・そろそろ残りわずかになってます(@_@;) »

2011年1月 9日 (日)

いろいろあって、追いつきません(@_@;)

・・・・ということで年末からいろいろ聴けたのですが・・・そのレポートです。

A101226_12   A101226_2

★写真↑をクリックするとさらに大きい写真が見れます★

A101226_22

★写真↑をクリックするとさらに大きい写真が見れます★

A110107_2   A110108_2

★写真↑をクリックするとさらに大きい写真が見れます★

・・・・いやいや、なかなかいろいろ来ましたね。

それぞれかなり面白かったです(^_-)-☆

  

  

まず、トライゴンのモノローグ・・・8Ωで400W/chのモノラルパワーアンプですね(*^_^*)

こちらは、かなりゆったりと太さのある中域で、コクがあり、高解像度ですっきり系のジョセフのRM25XLを鳴らしても暖かみを感じる優しい音になりますし、ヴィエナのベートベン・コンサート・グランデはより厚み感と濃厚さが出てさすがという感じです。

マッキンの管球式プリメインのMA2275でも豊かな膨らみ感と柔らかさが出るのですが、さらに深みがあると言うか、トランジスターアンプの解像度の高さがありながら柔らかさと膨らみ感が出ているのが凄いですね。

その前に借りたニューフォースのリファレンス18も滑らかで良かったのですが、それよりさらに厚みとコクが出る感じでした。

プリはプロ用のスペクトラルで、ストレートな感じなので、厚み感と暖かみと柔らかさはモノローグの力ですね(*^_^*)

  

 

次に、エイプリル・オーディオの、Stello CDA と Stello Ai500 のセットですが・・・これはまだあるので視聴出来ますよ(^o^)/

・・・とてもスッキリした爽やか系で空間的な広がりがあり、カチカチしない優しい音で、長時間聴いても聴き疲れしない感じです。

CDAでは、CD再生の時にアップサンプリングを192/96/バイパスと選べるので切り替えてみましたが、基本的な音のトーンは大きくは変わりません。エイプリルの音の方向性の中で、やはり192が一番爽やかに広がりますし、バイパスの44.1が一番太くなります(*^_^*)

そして、ロックを鳴らすとちょっと力感は弱く、ガツっと聴くという感じにはならないのですが、音楽的な雰囲気は良く出ていて、わりと僕の好みの方向ではあります(^_-)-☆

 

日本の製品では、こういうサラっと雰囲気良く鳴らすという音作りはないので面白いですね。

とてもカチっと鳴らすクリプトンのKX-5を鳴らしても、かなり優しく広がりを出せたのは凄いと思います。

ガツンとスピーカーから音が出るという鳴らし方が好みの人には合いませんが、BGM的に1日中鳴らせる方や、音が漂うような雰囲気が好きな方には面白いと思います(^_-)-☆

 

 

そして、ゴールドムンドを扱うステラヴォックスさんが始めた新進ブランド、テクダスTechDASのデジタル・インターフェイスのD-7・・・

・・・これは、USB DAC で、ヘッドフォン出力があり、サンプリングコンバートが出来て、プリ機能があるという、今ならではのデジタル機器ですね。

・・・2月にはi Pod用ボードも届いて、i Pod がダイレクトにつなげるようになったり、将来的にネットワークオーディオ対応のボードを視野に入れていたり、将来的な色々なデジタル系のアップデートに対応することを見越して作られた製品ですね。

とりあえず、DACとしての音ということで、いつものマジック DS からのデジタルアウトを入れて聴いてみましたが、シャープで先鋭な音ですが、ゴールドムンドに近い空間的な広がり感や音楽的な音の表現力があります。

さすがに、価格や筐体の作り込みが違うので、ミメイシス21D/USBの音の深さや雰囲気感までは出せませんが、価格的に近いD/Aコンバーターが出すデジタルっぽい音とは違って、もちろんシャープでキレのある音なのですが、なかなか雰囲気があります。

ちゃんと、筐体の下に雑誌を置くと、その分、太さと厚み感と柔らかさものりますね(^^♪

なかなか面白いと思います。

  

最後に、ノーススター・デザインの、Essensio・・・、これもUSB DACですね。

・・・これは、レンジを欲張らない優しい聴きやすい音です(*^_^*)

・・・さすがイタリアという感じですね(^^♪

ユニゾンリサーチのユニコCDのDAC部のような太く中域を出して、明るいという濃い味系ではなく、やはりスッキリした系統なのですが、レンジを欲張っていない分、歌ものなどが聴きやすく、柔らかさがあるので長時間鳴らしていても聴き疲れしません。

・・・ただ、音に太さはないので、古っぽい音にしたい方は真空管搭載のMINI MAX DACの方が面白いかもですね(^^♪

レンジを欲張っていないといっても、これ見よがしにカチカチ出さないだけで、実はけっこうワイドレンジで今風なので、中域をググっと盛り上げるという鳴らし方ではありません。

・・・でも、優しい音で、癖のない感じですから、これもあまりデジタルっぽさを感じさせないのが良いですね。

エイプリルの出す音よりも柔らかさは良く出ます(*^_^*)

 

テクダスのD-7と、Essensioは、メインのコーナーで、MAJIK DS/TRV-845SE/Beethoven Concert Grandというラインアップでの試聴でした(^_-)-☆

 

・・・という感じの毎日ばたばたなトレードセンター2階ですが、面白いものがいろいろありますので、機会があったら遊びに来てくださいね(^o^)/   

 

何気にi Pod+i Transport+MINI MAX DAC+TRV-88SEの音がけっこう面白いです。

鳴らすのが難しいATCのSCM40をけっこう鳴らしてくれますね(^_-)-☆

 

 

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex  

|

« TechDAS D-7 【2F 新品 Wolfson社24/192 DAC搭載 USB DAC / ヘッドフォン/プリアンプ機能つき】 | トップページ | ミメイシス21D/USB・・・そろそろ残りわずかになってます(@_@;) »