« ATCのSCM40もぐっと曲げてセットしてきました(^^♪ | トップページ | 配達セッティング・・・蘇れ805 Signatureの巻きです(^^♪ »

2011年11月 4日 (金)

またまたベートベン・コンサート・グランデをリビングにセットしてきました(^^♪

A111104_1

・・・ということで、またまた配達してセットして聴かせてもらってきました。

ベートベン・コンサート・グランデ・ピアノブラックです(*^_^*)

 

こちらは、プリメインアンプがアキュフェーズで、ソースは、やはりアキュフェーズのCDプレーヤー、それとデノンのAVアンプからインターネットラジオ、そしてブルーレイレコーダーと、テレビとつないだHDDに録画した音楽番組です。

 

・・・こちらのお客様は、初めはメールでお問合せを頂いたのがきっかけで、そもそもはモーツアルト・シンフォニー・エディションをお考えだったのですね。

それで、メールで何度かやり取りをして、モーツアルトも良いのですが、ベートベン・コンサート・グランデはもっとゆったりしているのでお勧めをしていたのでした。

特に、今回下取りになったのですが、今まではタンノイのシステム15という15インチ同軸ユニット搭載の大型のスピーカーをお聴きになられていたので、モーツアルトやベートーベンのベビーグ・ランデではスケール感が敵いませんから・・・

A111104system15

僕はタンノイのスピーカーも好きですし、システム15の音も知っていますから、それから換えるということになったら、ベートベン・コンサート・グランデでないと、グレードダウンになってしまいますね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 

そうこうしているうちに、お客様と奥様が有楽町であったハイエンドショウでモーツァルトを聴いて、そしてそのあとでお店に寄っていただけたのです。

そして、フロアで、モーツアルト・シンフォニー・エディションと、ベートーベン・コンサート・グランデを鳴らし比べてみました。

 

残念ながらショウではモーツアルトもあまりよく鳴っていなくて、期待していた分だけかなりがっかりされてのご来店だったのですが、モーツアルトとベートーベンのコンサート・グランデの違いの説明と、音の違いを実際に聴いて頂いて、それも当店のいつもの横向きセッティングでですから、ベートベン・コンサート・グランデの良さをご理解頂けました。

まあ、そもそもショウの会場では、スペースの環境が悪いので、ご家庭で聴くようなパフォーマンスはほとんど出せないのですね。

横の壁のない広いスペースでは、高域も低域も散ってしまって、エネルギー感が出ないのです。

それでもある程度の音を出すためには、物凄い力の高級アンプが必要なのですね(==;)

 

奥様も音楽好きで、一緒に聴かれるということで、オーディオ好きの中でも、奥様に隠れてやってらっしゃるほとんどの方には夢の様な状態なのですね。

・・・・そういえば、僕からベートベン・コンサート・グランデを買ってくれるお客様は、ほとんどみなさん、リビングで、奥様と一緒に音楽を聴かれたりテレビを観られたりと、良い感じのご家族が多いのですね。

一人で自分の部屋で聴くという個人的な買い物では、コンセンサスが得られず、とても苦労しますが、リビングでテレビの音も良い音で聴けるということですと、ご家族みなさんで楽しめますので、予算を通しやすいのですね(*^_^*)V

・・・さらに、昼間、ご主人が外に出ている時間にも奥様がテレビや音楽を楽しんでいてくれますと、ご主人家に戻って、さて、音楽でも聴こうかなという時に、温まっていて、最初から良い音で楽しめるという願ったり叶ったりなのですね( ̄ー ̄*)V

 

それから、男はついついブランドやデザインなどで音を聴きますが、女性はそういうところに関係なく音そのもので聴きますので、試聴の時には的確な判断が出来るので、一緒に試聴されるのはとても良いことなのですね^^

・・・ということで、先日、運んでセットしてきたのです(^^♪

A111104_2

・・・今回もテレビの両サイドにほとんど横向きにセットしています。

片側は直ぐに壁で、もう片側にはドアがありますので、広く開いています。

ベートーベン・コンサート・グランデをこのセッティングにすると、リアバスレフで壁に近くても全く問題ありません。

念のために左側のコーナーにはクッションを一つ置いてありますが、ほぼ問題ありません。

そして、聴く方はお部屋のどこで聴いてもステージ感のある、ふわっとした広がりがあって、ゆったりしていて、それでいて繊細な音もたくさん聴ける音になるのですね。

そして、音がほぐれていて伸びがあるので、このお部屋でなくても、廊下でも、隣のお部屋でも楽しく聴けるのです。

そうすると、CDプレーヤーで鳴らす音はもちろんいいのですが、インターネットラジオの音も、ブルーレイレコーダーの音も、HDDからの音楽番組も、どれを聴いても楽しいのですね(*^_^*)

HDDに収録されたコンサートを観ていると、音がちゃんと映像の中のプレーヤーの動きと同じように身体を揺らしているように聴こえるのです。

直立不動で弾いているような感じではなく、身体でリズムを取って、身体全体で音楽を演奏する音になっているのです(^^♪

ホントにその会場に居て、演奏を見ているような演技をしてくれる音なんですね( ̄ー ̄*)V

そして、いろいろ曲をかけていて奥様が一言、前のタンノイの時は全体がまとまって塊りで来たけれど、今回のスピーカーは、部屋全体の広がりの中で細部の繊細な音が一つ一つほぐれて聴こえるということでした。

・・・さすが、本質的なところをズバリと突いていて、するどいです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 

・・・今回もまた、当日初めて新品を開封してセットしたのですが・・・やっぱりお店よりもほぐれた良い感じの音で鳴っていました(==;)

で、僕が帰った後は、時間が経てば経つほど当然もっといい音になるわけで、この音は買われた方だけが楽しめる音で、とてもうらやましいですね(^o^)/

でも、セットが終わって、あれこれ色々な音楽をかけながらお話をするのは、とても楽しい一時なんですね。

で、ベートーベンの音はそのおしゃべりをまったく邪魔しないし、音楽を聴いていると、どんどんお話したい話題が浮かんでくるのですね(*^_^*)

|

« ATCのSCM40もぐっと曲げてセットしてきました(^^♪ | トップページ | 配達セッティング・・・蘇れ805 Signatureの巻きです(^^♪ »