« CAV JAPAN T-5 【2F 新品 5881PP管球式プリメインアンプ】 | トップページ | ネットワークプレーヤー と USB DAC どちらがいいの?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ »

CAV JAPANの管球式プリメインアンプ、T-50とT-5を鳴らしてみました(^^♪

A120204_5_2

・・・CAV JAPANさんが試聴機を持って来てくれたので、鳴らしてみました(^^♪

ごつくて、しっかり面張りのあるT-50と、コンパクトなT-5です(*^.^*)

A120128_1

EL156という真空管を出力段に持つ、プッシュプル構成のアンプで、初段、位相反転、ドライブ段、出力段の4段増幅構成というスタンダードな作りですね(*^.^*)

日本人らしいしっかりした作りですね(*^.^*)

特に、T-50はトランスケースに鏡面ピアノ塗装仕上げを施したり、パネル面に20ミリ厚のアルミを使ったり、シャーシーにボックス構造を採用したりというコストをかけてきちんと作ってあります(*^.^*)

・・・この面張りのある綺麗なフロントパネルは、日本という感じがしますね。 

 

マッキンのMCD500とつないで、B&Wの805Diamondを鳴らしてみました。

作りから想像出来るように、ビシっと締まったシャープで解像度の高い鳴らし方ですね。

曖昧さや甘さのないシャープでクッキリした音で・・・見通しや解像度の高さが出ます。

特に、805Diamondと組むと高域のエネルギーが強くなって、低域はやや物足りない感じなのですね(;^_^A アセアセ・・・

 

そこで・・・いつも雑誌の代わりにこんな物を足の下にかませてみました(*^.^*)

A120204_6

これ、某TKハンズやホームセンターなどの防震対策コーナーで売っている強力粘着ゴムで・・・

ポリウレタン樹脂で、粘着力バツグンでグニャっとした弾力性があるんですね(*^.^*)

厚みがあるので重さがあるアンプやCDなどで、音がビシっと締まっている物を緩めるのに良さそうだと思って買っておいたのです。

粘着性が強力なので、包んであったビニールを切って上下に貼りました( ̄ー ̄*)

お値段もめちゃめちゃリーズナブルです。

 

・・・ところで、T-50は足がかなりごついしっかりしていて・・・直径50mm凸レンズ状のオリジナル設計による真鍮無垢削り出しインシュレーター・・・が付いていて・・・・

さらにドライバーを使って4点支持から3点支持に換えられるようになっているのですね(o^∇^o)ノ

 

初め、持って来てもらった状態は3点支持になっていました(*^.^*)

 

で、ぐんにゃりな防震ゴムをそれぞれ足の下にかませてみると・・・

ボディがリジッドにしっかり作られていると何かをした効果がはっきり分るのですが・・・

高域がやや甘くなってキツさが取れて、低域がググと伸びて分厚い音になりました(*^.^*)

 

805Diamondが鳴っているとは思えない低域で、少し離れるとどのスピーカーが鳴っているか分らないいつもの当フロアらしい音になりました( ̄ー ̄*)V

・・・それでも、ちゃんとT-50の良さのクリアさや見通しや一つ一つの音の分離感の良さは出るのですね(o^∇^o)ノ

 

で、T-50の3点支持は前2個、後1個の足になりますが、前2個の足にかませて斜めに置いても効果があるのですね(*゜▽゜)ノ

・・・3点全部にかますよりややシャープさがあって低域の量感が少ない感じになります。

でも、かまさないより低域はぜんぜん厚みがある感じになるのですね(^^♪

 

・・・で、ぐにゃっとしたゴムですから低域がぶかぶかダルダルな感じになるかと言えば・・・

そうではなく、中低域に厚みと弾み感のあるしっかりした低域になるのですね(o^∇^o)ノ

 

せっかくなので、4点支持も試しましたが、ゴムを入れなくても3点支持の時よりもややボンヤリした感じになります。

かといってゴムを入れたような低域は出ないので、3点支持+ゴム3個またはゴム2個が良い感じですね(*^.^*)

 

では低域のしっかりしたヴィエナのベートーベン・コンサート・グランデでは・・・

こちらは低域がしっかり出ますので3点支持、ゴムなしで大丈夫ですね(*゜▽゜)ノ

でも、ゴム有りもさらに肉厚感が出て面白いのです(o^∇^o)ノ

 

ぼやっとしたというイメージの昔の真空管の音ではなく、S/Nが良くクッキリ感があってシャープでキレがいいけど芯は暖かいという感じがお好みの方には作りの良さが出るのでお勧めな管球アンプですね(^o^)/

で、T-5の方は・・・

A120204_1_4

基本構成は一緒ですが、球の種類、ボディの作り、トランスの大きさなど全てスケールが小さくなっていて、コンパクトで可愛らしい感じです。

でも、見た目よりずっしり重くて、しっかり感があるのですね。

こちらは、ボディーの作り込み具合とお金のかけ方が違うのでT-50よりだいぶ緩やかな感じになりますね。

 

ですからこちらはT-50と比べると、だいぶラクに聴くという音になります。

音のシャープさやクッキリ感はT-50になりますね(*^.^*)

 

でも、T-5の定価設定からいうとやっぱりシャープでしっかりした音という感じで、ストレート感が出る感じになります。

 

こちらも足は金属でしっかりしているので、やはりゴムの効果は出ますね(*^_^*)

 

この記事のお問合せはこちら↓↓

nakano@dynamicaudio.co.jp 2階 中野まで

なかのぶろぐの目次はこちら↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html#nakaindex

ホームページはこちらです↓↓

http://www.dynamicaudio.jp/audio/tok/honjitu.html

|

« CAV JAPAN T-5 【2F 新品 5881PP管球式プリメインアンプ】 | トップページ | ネットワークプレーヤー と USB DAC どちらがいいの?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ »