« またまたヴィエナのベートーベンを配達して来ました(^^♪ | トップページ | ニューフォース P-20/Reference 18 でマグネパン、良いですよ(^^♪ »

2012年4月30日 (月)

エピコン6を聴いてみました(^^♪

A120430_1

・・・・ということで、ばたばたなかなか書けなかったのですが・・・エピコン6の試聴機が来たので鳴らしてました(*^^*)
 
仕上げが綺麗でコンパクトなんですね。ピアノブラックだとよりコンパクトに見えますね。

木目の方がゴージャス感が出るかもですね(*゜▽゜)ノ

細部までお金をかけて綺麗に作っているなという感じで、今までのヘリコンは奥行きが長いのがネックだった方にはいいかもですね(*゜▽゜)ノ


A120420_4  A120420_5

 
キャビネットにも、ユニットにもお金がかかってますね。

ハイブリッドツイーターは、ドームツイーターを大型化してウーハーとのつながりを良くしてあるそうです。

リボンツイーターは上を30kHzにして実用帯域を重視だそうです(^ー^)ノ

 
ウーハーはマグネットから新素材を投入して気合が入っています。

キャビネットは構造から塗りまで気合入りまくりです。

 
 
 
 
・・・ということで、鳴らしてみると、かなり微細な音が綺麗にクッキリシャープに出て来ます。

低域もゆったり膨らんでいるヘリコンと違って、押し出しの良い感じです。

ヘリコンの鳴り方とはずいぶん違う、ビシっとした鳴り方ですね(*´∇`*)

 
 
ただ・・・この、細部まで追い込んだ鳴り方は、鳴らし込みにちょっと時間がかかりますね(;゜(エ)゜) アセアセ

とりあえず、マッキンのC48+MA7000で鳴らしてみると、かなり高域がシャープなので、曲によってはちょっとキツイ感じになります。

で、C48+MA2275にすると、だいぶ優しい感じになってゆったり感が出ますが・・・それでも曲によってはまで高域がキツクなります。

 
デモ機なので、鳴らしこんでいる時間はないので、ちょうどやっぱりデモ機が来たニューフォースのP-20+Reference 18にしてみました(*゜▽゜)ノ

 

A120421_14

 
こちらだと、だいぶ滑らかで優しい音になりますね(*´∇`*)
 
Reference 18 は、以前別なプリで聴いた時はもっとふっくらしていたのですが、P-20 とつなぐとその時より情報量が増えて、その分やや細身な感じがしますが、S/N感のい高い見通しの良い音にしては滑らかで優しく、とても聴きやすい感じです。

この組み合わせだと、さっきの組み合わせよりもだいぶ音が滑らかに優しくなって、高域もキツクなりませんね(^o^)/


・・・ちなみに、ソースはいつものリンのマジックDSからデジタルアウトをだして、テクダスのD-7/192 で192にアップサンプリングしてです(*^^*)
 
 

Jenifer


この組み合わせでジェニファー・ウォーンズの『The Well』を鳴らしてみると、『The Panther』では、今まで奥に隠れていた小さなキラキラした音が優しい音なのにビシっとしてしっかり聴こえてきてびっくりしました。

それも、かなり綺麗で煩さはない感じの音なのですね。

 
・・・・これは、逆に言えば、他にスピーカーでは奥に行く音が前に来るということで、綺麗ですが甘さのないシャープでクリアな音なので、奥行き感があまり感じられないということになります。
 
まあ、鳴らし込みが足りないのと、価格とこの全体のビシっとした作りから言うと、もっと上のアンプを持って来てもおかしくないので、その辺りの条件が揃えばもっと奥行き感が出てくるかもしれませんね(;^_^A アセアセ・・・
 
 
とにかく、めちゃめちゃ音が綺麗でクリアでシャープなんですね(*゜▽゜)ノ
 
ふんわりとやや甘く鳴らしてくれるヘリコンとは、ずいぶん音の感じが違います。

・・・ただ、この秋トレ2Fフロアは狭くてごちゃごちゃスピーカーやアンプが置いてあるので、もっとゆったりしたフロアでは、もう少し優しい音になるかもしれませんね。

A120430_4

A120430_2

A120430_3


|

« またまたヴィエナのベートーベンを配達して来ました(^^♪ | トップページ | ニューフォース P-20/Reference 18 でマグネパン、良いですよ(^^♪ »