« オーディオマシーナをユニゾンの真空管アンプで鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | Mini Maggie System 【新品小型プレーナースピーカーシステム】 »

2012年8月 7日 (火)

蘇れ805 Signature ステップ2の巻き・・・です(^^♪

A120807_1


・・・ということで、前回805 Signature をお持ちのお客様のところにゴールドムンドのミメイシス21D USB と、ジェフのカプリSとモデル102Sをお届けしてセッティングをしたのですが・・・

前回の記事

A120807_7

そのお客様から、やっぱりどうしても高域がキツいので、Mac Book の i Tune からミメイシス21D USB につないで聴いた方が楽で良いというお話がありまして・・・・


今回の追加セッティングになりました(*´∇`*)・・・・・・


前回の時と今回とのお部屋の中の条件の違いは・・・・

CDソフトがぎっしり詰まったラックが別な部屋に行って、フラットテレビが来ていました(^^♪

まあ、これは今普通な光景なのですが・・・、フラットパネルは音を強く反射するので、音をクッキリ硬くしてしまいます。

そこで、お客様は、音楽を聴く時は毛布をパネルの前面にかけていたのですが、毛布では厚みがあり過ぎて、音を吸い過ぎてしまうのですね(; ̄ー ̄川

そこで、毛布を小さくたたんでみました。

すると、こじんまりしていた音場がそれだけでぱっと広がります。

他に、これは途中に行ったのですが、テレビの下のラックも音を反射するので、ダイナカレンダーをかけてみました(^^♪


たったこれだけで、音場がガラっと変わってしまうのが805 Signature の凄いところですね(; ̄ー ̄川

どうやらフラットテレビには薄いT-シャツがちょうどいいかもしれませんね(^^♪


それから、前回スピーカーの真ん中にあったCDラックは、けっこう良い反射板としての機能を果たしてくれていたのかもですね。

A120807_8

さて、音のキツさを無くし、中域を盛り上げてロック音楽としての楽しさを盛り上げて出すということならやはり真空管アンプということで・・・

今回は、マッキントッシュのC220 と、追加でカルダスのクリアライトのXLRケーブルと、電源装置のRGPC400PROが導入となりました。

ロック音楽には、音の強さと押し出し感と厚み感と柔らかさと弾力性と締まり感というアンプの特性としてはけっこう多様な質が必要です。

ジェフのカプリS+モデル102Sは、ストレートな押し出し感と適度な締まり感がありますので、C220に柔らかさと膨らみ感と優しさを足してもらうと丁度良い感じになるはずです。

A120807_2   A120807_3


ラックも段数が足りないのとタオックが音を締め過ぎるのでクアドラスパイアーも追加になりました。

それから、以前からお使いのスピーカーケーブルとXLRラインケーブルのオーディオクエストがかなり中域を強く出す特性ですね。

・・・ということで、C220が入った全体の見た目のバランスですが・・・・意外にカッコいいですよねo(*^▽^*)o~♪


A120807_4   A120807_5


もちろん、足の下のステレオサウンドはそのままで、C220の足の下にはシリコン系の防振ゴムが挟んであります(*゜▽゜)ノ


・・・・

ということで、セットが終わって、音楽をたっぷり試聴して来ましたo(*^▽^*)o~♪

これが楽しい時間なのですね~(⌒~⌒)

 
 
まずは、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」の5曲目、Stiletto からですが・・・・

これは、S○NYのS○B Go○d CD で、ビリー・ジョエルのCDソフトの中では抜群の音の良さなのです。

最近はハイレゾの楽曲データが流行っていますが、音楽の良さは、データの先鋭さではなく、マスタリングの良さという感じがします。

このCDソフトをミメイシス21Dに送って再生すると・・・・

いままで聴いていた曲とは楽しさがぜんぜん違うのですね(@Д@; ・・・


これは、残念ながら、今、当フロアにあるDACでは出ないのですΣ( ̄□ ̄ ||||

この曲は、前回の時、お客様がたまたま入手したばかりのソフトで、

かけてみてとてもびっくりした曲なのですね。

こんなすばらしい曲が入っていたのか・・・・ぐらいの勢いでビックリしたのですが・・・


じつは同じタイトルを最近僕も入手したのですが、それでは前回聴いた感動はなかったというか、まったく違うように聴こえるので、盤そのものが違うのかと思っていたくらいでした(@Д@; ・・・

けっきょく、なんと、この曲のわくわくするようなテンションの高い演奏の面白さは・・・

ミメイシス21Dクラスのコンバーターでないと拾い出せないようなのですね(;´Д`A ```

 
今、フロアで同じ曲をかけても、同じ曲でありながら、イントロからぜんぜん違う演奏レベルなのですq(T▽Tq)(pT▽T)p


ただ、今回お持ちしたC220はまったくの新品ですので、出だしではまだぜんぜん力が発揮出来ていませんでした。

その後夜中までいろいろな曲聴いたのですが・・・・

だんだん良さが出てきて、ついついお客様のところに長居をしてしまいました。

翌日はお客様はお休みだったので、朝から夜まで音楽を聴きまくられたことと思います。


これからの音の馴染みがとても楽しみですが、C220 と RGPC400PRO と クリアライト と ラックの複合の良さで、
柔らかさと優しさがありながら切れ込みと押し出し感があり、奥行きの深さと広がりがあり、そしてうるささのない豊かな音楽が聴こえるようになったと思います。

最後には、テレビや壁の奥にまでバンドがいるような感覚が出て来ましたから\(o⌒∇⌒o)/


しかし・・・ビリー・ジョエルの52nd Street の S○B Go○d CD 盤をお持ちの方は、ぜひ5曲目のStiletto の演奏をこんな風に聴いてみて欲しいですね(*゜▽゜)ノ

 
それから、REM の CDが良かったですね~\(o⌒∇⌒o)/

A120807_6_2


|

« オーディオマシーナをユニゾンの真空管アンプで鳴らしてみました(^^♪ | トップページ | Mini Maggie System 【新品小型プレーナースピーカーシステム】 »