« Vienna Acoustics Beethoven Baby Grand SE 【新品スピーカー】 | トップページ | マッキンのMA7000を配達して来ました(^_^♪ »

2013年6月14日 (金)

少し前ですが、マッキンの管球式プリメインのMA2275を配達してきました(^_^♪

A130602_3

少し前のことですが、マッキントッシュの最後の管球式プリメインのMA2275の最後の1台を配達してきました(^_^♪

古いお家の純和風のお部屋、障子と畳、鴨居と額等が渋いですね(^_^♪

夏はとても涼しそうで、畳の上で昼寝したいという感じですが・・・・冬は寒さが厳しいかも・・・ですね(^^;)

  

そんな落ち着いて静かなお部屋にエラックのスピーカーFS210と、立派な座卓の上デノンのDCD-SA1と、そして今回入れてもらったマッキンのMA2275がのっています。

A130602_1 A130602_4

とても立派で木がぶ厚いどっしりした座卓ですね。

この写真の左側にも同じスペースのお部屋があり襖で仕切れるようになっているのですが、空間が広いので音が拡散してしまうのですね。

でも、管球式のMA2275なら、もともと中域の厚みと温かみがあるし、トーンコントロールで高域と低域を絞ってボリュームを上げるという使いこなしで中域の密度感を上げることが出来るので、素敵なジャズボーカルも目の前で歌ってくれているように鳴りつつ、全体のステージ感が広くなります(^▽^)/

A130602_5 A130602_8

まだエージングも何も、初めて箱から出した状態ですが、音は良い雰囲気でした(^_^♪

FS210は低域が太くゆったり出るし、同軸型のJETツイーターなのでミッドも良く出てくれますね(^_^♪

A130602_6

この管球式プリメインアンプが生産終了になってしまったのはとても残念ですね(><;) 

|

« Vienna Acoustics Beethoven Baby Grand SE 【新品スピーカー】 | トップページ | マッキンのMA7000を配達して来ました(^_^♪ »