« GATO AUDIO AMP-250 いい感じです(^_^♪ | トップページ | ユーザー訪問しました(^_^♪ »

2013年10月31日 (木)

TRV-845SE と D100 を配達してきました(^_^♪

A131031user1

なんと、JBLの4344 を鳴らすためにTRV-945SEを配達して来ました(^^;)

 

元々は、マッキンのC42 とMC500 で鳴らしていたのですが、猫ちゃんにやられてMC500が電源が入らなくなって、しばらくAVアンプで鳴らしていたということで・・・

MC500 をとりあえず修理に出して見ましょうというお話になっていたのですが・・・

スチューダー、C42、MC500 という路線から、今はiPad でコントロール出来るネットワークファイルオーディオで聴く方が多くなっているということで・・・

ヤマハのネットワーク対応CDプレーヤーでAVアンプというラインになっていたのですね(^^;)

       

A131031user2

僕のフロアにご来店いただいて、フロアの音を聴いてもらいながらいろいろお話をして見ると・・・

4344 もマッキンでタオックのスピーカースタンドに乗せていた時の方が低域が締まって良かったけれども、いろいろいじるのが好きなので、今は自作のキャスター台に乗せて簡単に位置を移動出来るようにしてあって、そうするとどうしても低域がブーミーになるので、MC500が壊れてAVアンプで鳴らしたところ、意外にスッキリして悪くないと感じたとのことなのですね(^^;)

 

そう、マッキンだと低域にたっぷり厚みがあるので土台がしっかりしないと低域が出すぎになるのですね(^^;)

そしてAVアンプだと音がしっかり出ないので、かえってウーハーをしっかり動かせなくて、それでもそれなりな低域が出るので、スッキリした感じに聴こえるのですね(^^;)

また、ネットワーク系を再生するのがほとんどということで、ヤマハのネットワークCDプレーヤーでは、さすがに豊かな音の再生は無理なのですが、やはりスッキリした音は出せるので、4344 がフルに動くのは無理でも、送り出しの弱いところをカバーしてくれていたのですね(^^;)

A131031user4

お客様はPCもいろいろ凝っておられて、巨大な自作のフルタワーが机の横に立っています。

そしてiPad でヤマハをコントロールしています。

この環境だと、いちいちスチューダーでCDを入れ替えるより手元で簡単に選曲出来る方が楽ですね(*´∇`*)

特に、この椅子に座ったらとても楽なので、動きたくなくなるのは仕方ないです(^^;)

さて、僕のフロアでいろいろ聴いてもらっていて、いつもの極端な内振りセッティングで楽な音が出ているのに初めて接したお客様は、移動が簡単にしてある4344 をさっそく内振りにしていました(^_^♪

 

そして今回、ファイルオーディオの音の強化で、マッキントッシュのデジタルプリのD100もご購入されました(^_^♪

このD100 はFIXED 出力があるので単体DACになるのですね(^_^♪

A131031d100

A131031d100r

  

さて、4344 は、音圧がしっかり前に出せて体で感じられるすごいスピーカーなのですが、

しっかり出るので鳴らし方がかなり難しいのですね(^^;)

低域をブーミーにしないためには先ず土台、そしてレビンソンなどの締めて出すアンプが必要ですが・・・

そうではない、音の広がりもちゃんと出せるスピーカーなのですね(^_^♪

しかも広がっていても音が綺麗過ぎず細すぎずリアルという面白い出し方も出来ます(^_^♪

そして、出力の小さい真空管アンプで鳴らすのもとても面白いのですね(^_^♪

A131031user5

ということで、MC500 の修理を出しているつなぎでTRV-845SE を入れてみることになりました(*´∇`*)

 

TRV-845SE は、出力は20W+20W ですが、トランスが大きいので意外としっかりなりますし、味はクリア系ですが、真空管の優しさと中域の膨らみと柔らかさがあります。

そしてC42 からの信号を入れるのでその味はしっかり出るのですね(^_^♪

 

・・・ということで、極端な内振り4344、真空管アンプのTRV-845SE、マッキンの味のあるC42、 DAC にD100 、ヤマハのネットワークCDプレーヤーといういろいろまぜこぜのサウンドは・・・

 

とても優しくて気持ちの落ち着く優しい音で、AVアンプ+ネットワークプレーヤーだけでは出せない中域の味がちゃんと出せて音楽がとても面白く聴けるのですね。

音圧が来ないので、うるささや厳しさがなく音量が上げられて、中域の情報量が多いので音楽のプレーヤーの小技がしっかり味わえて、色々な音楽に対応出来ます(^_^♪

マッキンの低域が太く押し出しのある音とは違いますが、4344 のアッテネーターの調整で、低域はブーミーにはなりません。

 

音色にこだわるのではなく、プレーヤーがこちらを気持ちよくさせるために繰り出す音楽演奏の技を楽しみ、音楽全体の中でのそのテンポやわざと押さえた音の引き方がちゃんと聴こえるのですね(^_^♪

 

 

|

« GATO AUDIO AMP-250 いい感じです(^_^♪ | トップページ | ユーザー訪問しました(^_^♪ »