« TRIODE TRV-EQ3SE    【メーカーB級特価品現品】    | トップページ | Carot One ERNESTRO EX »

2014年5月26日 (月)

またまただいぶ遅れてですが、ソナスファベールのオリンピカIII を配達して来ました(^^♪

A140429_karuizawa_1

 今年の春先くらいのことでだいぶ遅くなってしまいましたが、sonus faver の OLYMPICA III をセットして来ました(^^♪

こちらは前はB&W の805D をAV アンプだけで鳴らしていた方ですが、音楽CDと音楽DVD が多いので、前回マッキントッシュのMA7000 とLINN のMAJIK DS を導入してもらったのですね。

そして、それが落ち着いて、805D も以前とは全然違う鳴り方になっていたのです。

ただ、こちらのお部屋は空間が広いので、どうしてもブックシェルフスピーカーの低域ですと部屋全体に広がるゆったり感が出ないということで、今回フロア型のスピーカーに買換えということになりました(^^♪

 

A140429_karuizawa_3

 

そして、音の出方が気に入ったsonus faver の OLYMPICA III が良いということになったのです(^^♪

モニターとして情報量をフラットに出そうとするB&W から、音楽として楽しめるように音を出すsonus への変更は、全体の音楽の聴こえ方の違いがかなり大きいですね(^^♪

 

ウーハーが2本ついてボディのしっかりしたOLYMPICA III からの低域はまだエージングをまったくしていない状態でもゆったりとしていて楽で自然な感じが出ますね(^^♪

 

そしてソフトドームとリングラジエーターのハイブリッド方式のツイーターからは高解像度でいながら柔らかさもある広域が出ますし、sonus の中域が盛り上がった楽しい鳴り方はDVDソフトを鳴らしても楽しさが全面に出てきますね(^^♪

 

これから鳴らし込んでさらに音がほぐれて来るのがとても楽しみです(^^♪

 

 

A140429_karuizawa_2

 

 

さてさて、GW には当トレードセンター2階のフロアでも、OLYMPICA I を鳴らしていましたが、フロアが狭くて両サイドには段ボールの箱が凸凹に積んであるので、自然な音の吸収と拡散の効果が出るので、ブックシェルフタイプでもかなりゆったりした低域を聴くことが出来ますし、逆に2ウエイブックシェルフスピーカーならではの中域の良さが出るので、sonus の中域の濃さがより分かりやすく出て、とても楽しい鳴り方でした(^^♪

 

ロック、ポップス、オールディーズ、ジャズ、クラシックとジャンルをまったく問わず、音の広がりのあるソフトではとても良く広がり、厚み感が欲しいソフトでは厚み感が出て、前に来る音と奥に広がる音、そして横に広がる音の距離感もかなり出てエリアの広い三次元的なステージが出ていました(^^♪

 

A140508_olympica1

|

« TRIODE TRV-EQ3SE    【メーカーB級特価品現品】    | トップページ | Carot One ERNESTRO EX »