« だいぶ前ですが、ウイーンアコースティックスのベートーベンをセットして来ました(^^; | トップページ | Stirling Broadcast AB-2 1pair »

2014年10月19日 (日)

春ごろですが(^^; ・・・・TRV-845SE をセットして来ました(^^♪

A141019t845beet_1

これも今年の春先のことですが、ウイーンアコースティックスのベートーベン・コンサート・グランデをお使いのお客様のところに、トライオードのTRV-845SE をセッティングして来ました(^^♪

アキュフェーズのCDプレーヤーとプリメインアンプをお持ちですが、やはりどうしても音がカチっと真面目過ぎて長時間聴いていられないということで、時間をかけて真空管アンプを検討していたのですが、導入してまったく違う楽で音ではなく音楽として楽しめる、演奏が浮かぶ再生にご満足頂けました(^^♪

A141019t845beet_2


こちらのお客様は、パイオニアのN-30 も導入されていて、インターネットラジオも楽しんでいらっしゃいます。

N-30 は元気が良い日本的な音なので、USB/DAC のエッセンシオで柔らかさと音楽性をつけて鳴らしています。

またデジタルテレビをハードディスクに録画して、その音もエッセンシオを通しています。

どうしてもアキュフェーズのCDプレーヤーですと、聴き流しは出来ませんし、真面目に座って音を一生懸命聴かないとなりませんから20分も聴いていると疲れてしまうのですね(^^;

 

A141019t845beet_4

 

 

A141019t845beet_5

 

TRV-845SE は、 帯域的にフラットで全体が太い音ですが、繊細さも高域の綺麗さもでますし、けっこうシャープな今の音ですが、真空管らしい音の温かさと、柔らかさが出るところが良いところで、トランスが大きいので音にどっしりした重厚さがありますね(^^♪

 

 

この時の写真には入ってないのですが、この後で、ユニゾンリサーチのユニコCD プリモ もこの中に入りました(^^♪

 

これも真空管バッファーで、イタリアの良く歌う味が出るので、一聴して奥様がこれは楽しいと手放しで喜んで頂けたのがとてもうれしい瞬間でした(^^♪

 

 





|

« だいぶ前ですが、ウイーンアコースティックスのベートーベンをセットして来ました(^^; | トップページ | Stirling Broadcast AB-2 1pair »