« McIntosh MC601 + MAGICO S-1 ですが、これが良いんです(^^♪ | トップページ | いろいろ聴きました その2 オクターブ V80SE です(^^♪ »

2017年4月 2日 (日)

いろいろ聴きました その1 ラックスマン D-380 LX-380

A170309_2f_set


ちょっと前になってしまいましたが、いろいろ鳴らしていました。

なかなか落ち着いてレポートできませんでしたが、やっとです(^^ゞ

A170309_2f_luxman38


まずは、ラックスマンの管球式CDプレーヤーと管球式アンプのD-380 と LX-380 です(^^♪

旧モデルのLX-32u は、出力管にEL84 を使っていて、大人しく優しい音作りだったのですが、LX-380 は6L6GC になってよりしっかりした音になっています。

LX-32u は聴き疲れのしない大人しい音でしたが、LX-380 は太くはありませんが力が上がっていてしっかりした情報量と押し出し感が出ました(^^♪

そしてどちらかと言えばワイドレンジで情報量が多く、オーディオ的な感じになっています。

 

D-380 は、以前のD-38u からメカを新設計のものに換えて、DACチップも新しくなり、D-38u よりも情報量が増えて、しっかりしてオーディオ的になっています。

真空管出力と半導体出力の切り替えも真空管出力の方がやや出力を高くしてあって違いが分かりやすくなっています。

反面、アンプもCDも旧型モデルで良かった優しい音と、狭いレンジのおかげで太く弾んだアナログ的な音はではなくなりましたね(^^;;

・・・でも、このあたりは使いこなしでなんとでもなるので問題ありません。

 

・・・ということで、B&W の805D3 を鳴らしてみましたが、意外に普通にしっかり鳴らしてくれます。

普通にというのは、うるさい音神経質な音を出さず、レンジも広く、低域もしっかり出して、違和感なく鳴らしてくれるという意味です(^^♪

この価格帯のアンプやCDプレーヤーで真空管式でないと、なかなか普通にはならず、音が硬くなりすぎたり、広がりが少なかったりしてしまいますね(^^;;

しかも、昔の真空管アンプのようなナローレンジではなく、すっきりした細見で情報量も多く、それでいて煩くならず鳴らしてくれるので意外にやるなぁ・・・という感じです。

年数をかけて使い込んでいけばだんだん音に丸さも出てまったり感も出てくれると思います(^^♪

さて、805D3 を普通にすっきり鳴らしてくれるのは良いのですが、僕は昔のようなナローレンジでその分中域が厚く、太さがあり、音楽をすっきり鳴らすのではなく濃く豊かに鳴るのが好みで、しかも、高域がうるさいのは苦手なので大人しく柔らかくならしたいのですが、付属機能のトーンコントロールと周波数切り替えを使えばそういう音に出来るのですね(^^♪

A170402lx380tornc_2

 

このつまみは昔のアンプならたいていついていたもので、下側のつまみが、低音/高音の量の調整で、上のつまみがどの周波数から変化させるかの切り替えですね(^^♪

 

そして、上の周波数コントロールのそれぞれのポジションで下のつまみを回してどう音が変わるかを確認してお好みのところを使えばよいのです。

僕は低域は600Hzで高域は1.5KHzから可変させるの分かりやすい音が好みで、それで低域高域を左に回してぐっと絞って聴くのが好みです。

 

特に高域を絞ると音量が低く聴こえますので、フラットだったらボリューム位置は8時くらいですが、高域を絞るとボリューム位置は9時か10時まで上げられます。

そうすると出てくる音の力感がぜんぜん違ってくるのです。

そして高域と低域をフルに絞ってしまえば中域だけのナローレンジでとても太い元気な音になるので録音がかなり古い曲はそれで聴くと曲に躍動感が出てとても楽しいですし、

低域が少ない録音の曲は低域はあまり絞らないか、もしくは増量して聴くという手もあります。

B&W の805D3 はその調整した音をしっかりそのまま出してくれるので、音楽の雰囲気がぐっと変わって楽しい音楽になります。

 

そして、真空管アンプですから、当フロアにある他のスピーカー、スターリングブロードキャストのLS3/5a V2 やグラハムオーディオのLS5/9 、ハーベスのHL COMPACT7ES3 、スペンドールの SP2/3R 、ウイーンアコースティックスのハイドングランデSE をそれぞれそのスピーカーの個性を出して良く鳴らしてくれます。

大型のグラハムオーディオのLS5/8 でもまったく問題なく鳴らせますね(^^♪

そしてそれぞれトーンコントロールの調整をするとさらに楽しく、ハイファイオーディオ的ではなく、音楽として楽しく聴くことが出来ますし、それぞれのスピーカー独特の音色を濃厚に楽しむことが出来るのですね(^^♪

 

 

 

|

« McIntosh MC601 + MAGICO S-1 ですが、これが良いんです(^^♪ | トップページ | いろいろ聴きました その2 オクターブ V80SE です(^^♪ »